ようこそ! 運転と作業療法研究会のホームページへ。

 自動車運転支援は、対象者が地域で生活を送るために大変重要な分野です。本研修会は運転支援に関わる方のために、作業療法士によって企画されました。

 脳卒中や頭部外傷などの脳損傷者、またそれに伴う高次脳機能障がいを呈された方への運転支援について、作業療法士としてどのような関わりができるのか、経験を提示したいと思います。

本研修では「明日から臨床に役立つ知識」の紹介を重視しています。具体的には「運転支援に必要な法制度」、「神経心理検査による運転技能予測」、「実車評価について」などを予定しております。

作業療法士に限らず、運転支援に関わる全ての方のご参加をお待ちいたしております。

最新情報

今年度は、運転と作業療法研究会は中止とさせていただきます。

研究会に代わる企画セミナーとして、当研究会の教育部・学術部・広報部よりZoomを使用した講義と広報部企画「集まれ自動車運転支援者の森」と題して情報交換会を実施します。

広報部の情報交換会では、5つのグループ(①教習所との連携、②コロナの影響と対策、③高齢者と自動車運転、④これから自動車運転支援を始める人、⑤なんでもあり)に分かれて日頃の疑問や行なっていることなど、OT同士だからこそ気軽にディスカッションできる企画を準備しています。


参加申し込みは、一般支援従事者むけ情報の「2020年度企画プログラム」をご参照ください。(2020.12.16)

 

ホームページを一部リニューアルしました。一般市民向け情報,医療従事者向け情報,自動車運転支援者向け情報のサイトを新たに作成いたしました。 順次内容をアップデート していきます。(2020.7.15)