ようこそ! 運転と作業療法研究会のホームページへ。

 自動車運転支援は、対象者が地域で生活を送るために大変重要な分野です。本研修会は運転支援に関わる方のために、作業療法士によって企画されました。

 脳卒中や頭部外傷などの脳損傷者、またそれに伴う高次脳機能障がいを呈された方への運転支援について、作業療法士としてどのような関わりができるのか、経験を提示したいと思います。

本研修では「明日から臨床に役立つ知識」の紹介を重視しています。具体的には「運転支援に必要な法制度」、「神経心理検査による運転技能予測」、「実車評価について」などを予定しております。

作業療法士に限らず、運転支援に関わる全ての方のご参加をお待ちいたしております。

最新情報

★ 運転と作業療法研究会 「基礎研修会」 開催決定

 

開催日:2022年2月27日(日) オンライン開催

 

内     容  :運転と作業療法概論

                   運転評価・支援に関する基礎知識

                   神経心理学的検査

                   ドライビングシミュレータ

                   実車評価      など

 

★ 詳細はこちらをご参照ください。

 

 

★ 第7回運転と作業療法研究会 開催決定

 

開催日:2022年3月19日(土) オンライン開催

 

内     容  :特別講演①

                    「認知症者への運転中断、代替手段の支援」

                   特別講演②

                    「高齢ドライバーの軽度な認知機能と身体機能の低下が運転パフォーマンスに及ぼす影響」

                   シンポジウム

                    「介護保険、総合事業等における運転支援」

                         ①介護予防における移動の課題について

                         ②訪問リハビリにおける自動車運転再開支援

                         ③在宅で行う介護保険と自費領域で運転支援

                         ④福祉サービスにおける自動車運転支援

                   特別セッション

                    「高齢者の自動車運転を語る」

 

★ 詳細はこちらをご参照ください。

 

演題募集期間:2021年9月15日〜2021年12月17日 (受付を終了しました)

演題応募資格:演題募集資格は特にございません.どなたでも応募できます.

募集内容および発表形式:一般演題(口述:オンデマンド)で,一人一演題の登録とします.

オンデマンド動画は,研究会開催1週間前より動画配信いたします.研究会当日は指定された時間内での質問・討論をZoomのブレイクアウトルーム内で実施いたします.口述オンデマンド動画の発表時間は15分,質疑応答の時間は50分×2回を予定しております.発表者は2回の質問・討論のいずれかに割り当てられます.

下記募集要項をご確認下さい。

 

募集要項

 

 

お問い合わせ  :第7回運転と作業療法研究会 事務局

E-Mail Address:driveotjapan@gmail.com

 

 

ホームページをアップデートしました。(2021.12.27)